工事不要で利用できるWi-Fiおすすめ7選!選ぶ際のポイントも紹介

2022.04.28
工事不要で利用できるWi-Fiおすすめ7選

Wi-Fiを利用するには開通工事が必要です。

しかし、賃貸物件の人や自宅の壁や天井に穴を開けたくない人は、工事不要で利用できるWi-Fiを使う必要があります。

とはいえ、工事不要で利用できるWi-Fiの種類は多く、自分に合ったものを選ぶには料金や契約期間、通信速度などを考慮しなければなりません。

工事不要で利用できるWi-Fiを購入するためには以下にあるWi-Fiの選び方やメリット、デメリットを確認して自分に合ったWi-Fiを選びましょう。

※本記事は2022年4月28日に作成されたものです。現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

目次

工事不要で利用できるWi-Fiの種類

工事不要で利用できるWi-Fiは「モバイル型Wi-Fi」と「据え置き型Wi-Fi」です。

それぞれの特徴を確認して、購入するWi-Fiを決めましょう。

モバイル型Wi-Fi

モバイル型Wi-Fiは持ち運びができる小さいルーターです。ポケット型Wi-Fiと呼称される場合もあります。

モバイル型Wi-Fiは外出先や移動先でも、手軽にWi-Fiを利用できる高い利便性が特徴です。

さらに、モバイル型Wi-Fiは複数の端末の接続が可能なので、パソコンやスマートフォンを同時に繋いで使用する人もいます。

しかし、モバイル型Wi-Fiは充電が必要なため、外出先で使用する際はバッテリーを意識しなければなりません。

モバイル型Wi-Fiの利用に向いている人

モバイル型Wi-Fiの利用が向いている人は、外出先や移動先でWi-Fiを使いたい人です。

また、モバイル型のWi-Fiは1台を2人以上で使うのに適していないことが多いため、自分1人で利用する場合におすすめです。

据え置き型Wi-Fi

据え置き型Wi-Fiは、自宅に設置するだけでWi-Fiの利用ができるものです。

名前だけ聞くと工事が必要なルーターを想像してしまいますが、据え置き型はコンセントにつないで利用します。つまり、電化製品に疎い人でも問題なく使用できますし、モバイル型Wi-Fiのように充電を切らす心配もありません。

「工事の日程を調整するのが面倒」「外で使用する予定はない」という人におすすめです。

据え置き型Wi-Fiの利用に向いている人

据え置き型Wi-Fiは移動中や外出先での利用ができないため、主に自宅でWi-Fiを使いたい人におすすめです。

工事不要のWi-Fiを選ぶ際に押さえておくべきポイント

工事不要のWi-Fiを選ぶ上で、注目しなければならないポイントがいくつかあります。

安く利用するために料金のみから選んでしまうと、便利とはかけ離れてしまう可能性があるためです。

以下を参考にWi-Fiを選んでみてください。

どのような用途で利用するのか

利用用途は選ぶ理由として欠かせません。

モバイル型Wi-Fiは持ち運びができて一人で利用するのに適しているのに対し、据え置き型Wi-Fiは自宅で利用するのに適しています。

つまり、外出先でもWi-Fiを利用する用途がある人はモバイル型Wi-Fiを、自宅以外でWi-Fiを使う用途がない人は据え置き型Wi-Fiを選びましょう。

注意点としては、プロバイダーの中にはホームルーター、つまり据え置き型Wi-Fiを取り扱っておらず、モバイル型Wi-Fiしか提供していない会社があります。

したがって、利用用途は事前に決めておく必要があります。

実質料金はどのくらい必要になるか

料金でWi-Fiを選ぶのも一つの選び方です。

単に料金が安いWi-Fiを選ぶのではなく、プロバイダーが提供しているキャンペーンや割引を利用してWi-Fiを選ぶのがおすすめです。

その点を加味して、月額料金も安いプロバイダーを選ぶのが理想的ではありますが、キャンペーンや割引を活用すれば導入費用をかなり抑えられます。

さらに、使用する回線によって料金が異なるため、自分がひと月にどれくらい通信を利用するのかも予め確認しておくと良いでしょう。

利用用途を決めたら、プロバイダーのキャンペーンや割引にも注目して、実質料金がどのくらい必要になるかも注目するとお得に購入できます。

通信速度は速いか

ストレスなくWi-Fiを利用したい人は、通信速度の善し悪しに注目しましょう。

ある程度の回線速度はプロバイダーに関係なく保証されているので、SNSや動画の視聴は問題なくできます。

また、利用端末が最新のものであるとよりインターネットを楽しめるので、通信速度を重視する人は回線よりも端末に重点を置くのがおすすめです。

速度制限の有無はどうなっているか

プロバイダーによっては、月々に利用できるデータ容量が異なります。

また、提供しているプランも異なり、20GB/月プランもあれば、30GB/月、100GB/月もあります。したがって、自分が毎月どれくらいデータ通信を行うか把握しておかなければ、通信制限に引っかかってしまって快適なインターネットを楽しめません。

使用量が毎月変動する人は無制限のプランに申し込むなどして対策しましょう。

契約期間はどのくらいあるか

契約期間はプロバイダーによって異なり、契約期間が長いほど月額料金が安くなります。

しかしながら、契約期間中の解約は違約金が発生してしまい、高額な違約金を請求される場合があるので、解約せずに済むように事前によく検討しておきましょう。

一部のプロバイダーでは契約期間を設けていない場合があるので、縛りが嫌な人は契約期間がないプロバイダーを選択しましょう。

対応エリアはどうなっているか

インターネット回線によって対応エリアが異なります。

つまり、契約した回線が自分の住んでいる場所に対応していない可能性があります。

大手のキャリア回線であれば全国に対応しているので地方に住む人でも問題なく利用できますし、ほとんどのプロバイダーが全国に対応していますが念のために事前に確認しておくのがおすすめです。

せっかく契約しても、地方の山間部ではWi-Fiが使えないなんてケースも珍しくありません。圏外で使い物にならないWi-Fiを契約しないようにしましょう。

工事不要で利用できるWi-Fiおすすめ7選

工事不要で利用できるWi-Fiを紹介します。

それぞれの特徴を考慮し、目的に合ったWi-Fiと契約しましょう。

Broad WiMAX

Broad WiMAX

Broad WiMAXは月額2,090円から利用できるWi-Fiです。

下り最大2.7Gbps※1で、非常にインターネットが快適です。

2つのプランから選択できるようになっており、まず「ギガ放題プラスDX」は契約期間が3年間で月間データ容量の上限※2なし、月額は2,090円~です。

そして「ギガ放題プラス」は契約期間が2年間で月間データ量が上限なし※2、月額2,999円~となっています。非常にお得な金額で、業界最安級※3の金額で利用できます。

また、キャンペーンも充実していて、割引キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンなども定期的に開催しています。

サービス提供エリアが広く、5G利用可能エリアも点在しています。

速度制限がなく※2、回線速度にも自信を持っているサービスなので快適なインターネットがしたい人におすすめです。

定額制のサービスなので使いすぎによる高額請求の心配もありません。

何か不明点があってもオペレーターで電話に相談できるので、初めて契約する人でも安心です。

※1 5Gは一部エリアで提供となります。
※2一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
※3 各通信事業者のHPで公表されているWiMAX+5Gサービス15社の月額基本料の比較において。Link Life社調べ(2022年4月時点)

WiFi MAX革命セット

WiFi MAX革命セット

WiFi MAX革命セットはモバイル型Wi-Fiと据え置き型Wi-Fiの2台を初月の月額2,167円~で契約できます。

モバイル型Wi-Fiは下り最大150Mbps、据え置き型Wi-Fiは下り最大2.1Mbps※です。

家でも外でも利用できるので、家族で使えるのが魅力です。2台分使えるので、速度制限にかかっても安心して快適なインターネットを使えます。くわえて、2台で1台分程度のお得な金額で利用できるため、毎月の支払いの負担が軽減されます。

ただし、2台同時に使えるわけではないので、自宅ではデータ量無制限※モバレコAirを利用し、外出先ではONE MOBILEはご利用いただきますようお願いいたします。

割引キャンペーンを利用すれば、支払い料金がお得になるだけではなくキャッシュバックもされます。

事前に対応地域であるかどうかのチェックは自分では行えないものの、申し込みをするとエリアチェックを行ってくれます。その際、対応エリア外の場合は、キャンセルが可能なので安心して申し込みできます。

クレジットカードの支払いでも、口座振替で支払う場合でも、申し込みにかかる時間は3分程度なのですぐに利用可能です。

家でも外出先でもWi-Fiを使いたい人におすすめです。

※ベストエフォート形式のため、お客さまの通信環境により実際の通信速度は変化します。ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。詳しくはSoftBank Airの速度制限などについてをご確認ください。
※SoftBank Airでご利用いただける5G対象エリアは限られます。事前に対象エリアをご確認の上、ご契約ください。5Gエリアに加えて4Gエリアでもご利用いただけます。また、ご利用にはAirターミナル5が必要です。

ドコモHome5G

ドコモHome5G

ドコモHome5Gは、データ容量無制限※で好きなだけ使えるのが特徴です。

追加料金が一切発生しないうえ、5Gエリアでは下り最大4.2Gbpsの高速Wi-Fiが利用できます。

さらに、契約期間がないのでいつ解約しても違約金が発生しませんし、月額4,950円の定額なので料金がわかりやすいのも魅力的です。

ドコモが提供しているサービスであるため、ドコモのスマートフォンとセットで利用するとスマートフォンの料金が永年最大1,100円割引されます。

無料でエリアを確認すれば、専門スタッフが電話で確認と案内をしてくれるので、自分の住んでいる場所が対応エリアかどうかであるのもすぐにチェックができます。

Webで24時間いつでも申し込み相談をしたり、専門オペレーターに希望する時間に電話相談をしたりできるので、ドコモ光も検討している人はぜひ利用してみてください。

※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

モバレコAir(グッド・ラック)

モバレコAir

モバレコ Air(グッド・ラック)は、1年間ずっと実質月額税込927円~で利用できるWi-Fiです。

下り最大612Mbps※で、同時接続最大128台で可能です。

コンセントに挿すだけでWiFiが利用できて、最短3日で届くのが特徴です。

SoftBank Airとコラボして限定月額を実現したサービスで、月間データ量無制限※で快適なWi-Fiが家中で使えます。

さらに、SoftBankとY!mobileのスマートフォンと携帯の利用料金が、永年毎月最大1,100円引となるキャンペーンも実施しています。

安さ重視の人は1年間実質月額428円~で利用できるプランもあるので、料金を抑えたい人におすすめです。

また、モバレコAir契約期間の縛りがないため、解約時に解除料は発生しません。つまり、エリア内でも使ってみて満足できなければ、エリアが対応していてもしていなくてもキャンセルが可能なので、安心して契約ができます。

利用エリアの確認から、チャットのサポート、限定月額キャンペーンもあるので、チェックしてみてください。

※ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。

カシモWiMAX

カシモWiMAX

カシモWiMAXは月間データ量無制限※で5Gギガ放題、月額1,408円~で家でも外でもインターネットが楽しめます。

必須加入オプションもなく、契約期間が2年か3年かを選択できるプランで、面倒な手間が一切ないため、最短即日発送にも対応しています。

端末代や送料も発生しないので、お得に導入したい人におすすめです。

ほかのモバイル型Wi-Fiと同様に、WiMAX2+に加えてau 4G LTE・au 5G回線がすべて通常モードで利用でき、自動でつながりやすい回線につながります。

大量にデータを使用しても速度制限が発生しない※ため、追加でデータ容量を購入する必要がありません。

自然故障に対する安心サポート基本保証、水漏れや物損保証が追加された安心サポートワイド、さらに紛失補償追加された安心サポートワイドプラスなどのサポートオプションもあるので、自宅でも外出先で利用したい人は加入しておくのがおすすめです。

とはいえ、もちろん必須ではありません。

※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

縛られないWiFi

縛られないWiFi

縛られないWi-Fiは名前のとおり、契約期間や違約金が発生しないサービスです。

月額税込3,190円から利用できて、最短当日で発送するスピード対応も兼ね備えています。

月額3,190円で30GBまで使える30GBプラン、月額3,740円で50GBまで使える50GBプラン、そして、月額4,620円で使えるギガ放題プラン※といった、3つの中から選択できます。

30GBと50GBは最大150Mbpsの速度となっています。

WiMAXギガ放題プランでは下り(受信)最大440Mbps、上り(送信)最大112.5Mbpsとなります。クラウド30GB/50GBプランでは下り(受信)最大150Mbps、上り(送信)最大50Mbpsで、WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは無料で利用できます。

ちなみに、出荷前は動作確認を十分に行い、液晶表示の状態もチェックされています。

また、契約後は月~土18時までお問合せ窓口を利用できるので、仕事や学校などで日中は連絡しづらいという人も安心です。

※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

ZEUS WiFi

ZEUS WiFi

ZEUS WiFiは1日あたりのデータ制限がなく、海外利用にも対応しています。

縛りありプランの料金は次のとおりです。

ギガ並盛20GB:契約から6ヵ月間月額980円~(税込)

ギガ大盛40GB:6ヵ月間月額1680円~(税込)

ギガ特盛100GV:10ヵ月間1,980円~(税込)

縛りありプランでは契約期間の2年以降はいつ解約しても事務手数料が発生しないほか、契約期間の縛りがない解約金0円で試せるフリープランもあり、自分に合ったプランを選択できます。

最大10台まで同時接続できるので、大人数でも利用可能です。

ドコモ、SoftBank、au回線の利用が可能なので、一番つながりやすい回線に自動で接続してくれます。

さらに、海外旅行や海外出張の際でも海外用ルーターをレンタルする必要がないのも特徴です。

工事不要で利用できるWi-Fiのデメリット

工事不要で利用できるWi-Fiは利便性が高く、自分の利用用途に合わせて契約ができる明確なメリットがあります。

しかしメリットだけではなく、デメリットもきちんと把握した上で契約をするのがおすすめです。

使いすぎると速度制限にかかる

プロバイダーによっては速度制限があります。

プランにもよりますが、使いすぎてしまうと速度制限にかかってしまうのがデメリットです。したがって、複数人で工事不要のWi-Fiを使う場合は速度制限により注意しなければなりません。

オンラインゲームや動画の視聴を頻繁にする人は、データ容量無制限※で利用できるプランで契約したり、速度制限がない※プロバイダーに契約したりする必要があります。

※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

通信速度や安定性は光回線に劣る

工事不要のWi-Fiの通信速度や安定性は、光回線に敵わないのもデメリットです。

光回線は光ファイバーを使った回線であるのに対し、Wi-Fiは無線機器を経由して電波を届けているため、光回線よりも快適さでは劣ります。

Wi-Fiを使う人が多い人や、動画のアップロードをする人、パソコンでゲームなどをする人は、工事不要のWi-Fiはおすすめできません。

用途によっては光回線の導入も検討しましょう。

対応していないエリアもある

プロバイダーによってはWi-Fiに対応していないエリアがあるのがデメリットです。

自宅が対応エリア外である場合は、たとえ遮蔽物が少なくても通信が安定しない、通信速度が遅いといった可能性があります。

契約前には自宅が対応エリアかどうかをチェックしましょう。

契約期間が決められている

プロバイダーによっては契約期間を決めている場合があります。

サービスを利用しているうえでは気にはならないかもしれませんが、問題は途中で解約すると違約金が発生してしまう点です。せっかくお得なキャンペーンや割引を使って契約しても、途中で解約すると違約金が発生し、想定していなかったお金がかかってしまいます。

工事不要で利用できるWi-Fiのメリット

工事不要で利用できるWi-Fiには、さまざまなメリットがあります。

設置や撤去が簡単にできる

光回線の場合は工事が必要で、日程調整や立ち会いなども必要になるので、手間と時間がかかります。

場合によっては、休暇を取って対応しなければならないケースもあるでしょう。しかし、工事不要Wi-Fiでは、Wi-Fiを設置するための作業が少なく済みます。

また、工事不要で利用できるため、賃貸物件に住んでいる人でも問題なく利用可能です。

物件を選ぶ際に工事ができる物件かどうか確認しなくて済むのも、モバイル型Wi-Fiや据え置き型Wi-Fiのメリットです。

すぐに利用できる

設置工事が必要ないので、最短で当日利用できるのもメリットです。

たとえば、引っ越ししてすぐにWi-Fiを利用したい人にとっては大きな魅力と言えるでしょう。

費用を抑えられる

工事が不要であることは、工事費用がかかりません。

つまり、家庭にWi-Fiを導入する上で最も低価格の費用で導入が可能です。

工事費無料のキャンペーンを行っている光回線もありますが、キャンペーンを実施していない時に契約をすると工事費用が意外と高くつきます。

光回線の工事は高くて40,000円程度かかるので、コストを削減したい人によっては大きなメリットといえます。

持ち運ぶことができる

モバイル型のWi-Fiは、持ち運びができるのがメリットです。

いつでも好きなときにWi-Fiが利用できるので、移動中や外出先でも快適なインターネットを楽しめます。

また、カフェや喫茶店で仕事をしている人や、ノマドワーカーの人にとっても持ち運びができるWi-Fiはメリットです。

部屋がすっきりする

工事不要のWi-Fiを利用すれば、据え置き型であってもコンセントにつなぐだけで利用でき、使用するケーブル数が光回線より少なく済むため、部屋がすっきりします。

さらに、ケーブルが絡まる心配もなければ、ホコリがたまって手間のかかる掃除をする必要もなくなります。

据え置き型のメリット:Wi-Fiは比較的通信が安定している

据え置き型Wi-Fiははじめから複数人の利用を想定されて作られており、端末に内蔵されているアンテナ強度が強く、モバイル型Wi-Fiよりも通信が安定しているという特徴があります。

据え置き型のメリット:光回線よりも月額料金を安く抑えられる

光回線が月額4,000円程度費用かかるのに対し、据え置き型Wi-Fiはキャンペーンなどが多く2,000円から4,000円程度で利用できるケースがほとんどです。

つまり、自宅メインでWi-Fiを使う人は、据え置き型Wi-Fiを利用すれば安く快適なインターネットを楽しめることになります。

工事不要で利用できるWi-Fiはこんな人におすすめ

工事不要で利用できるWi-Fiに適している人はどんな人なのでしょうか。

おすすめできる人とおすすめできない人をそれぞれ確認して、自分が適しているか確認してみてください。

おすすめできる人

工事不要Wi-Fiがおすすめできる人は、賃貸物件等で開通工事ができない人です。

借りている家で勝手に工事をして回線をひくわけにはいかないので、大家さんや管理会社家に住んでいる人におすすめです。

続いては、モバイル型Wi-Fiと据え置き型Wi-Fiにそれぞれ適している人を紹介します。

○モバイル型Wi-Fiがおすすめ:外出先で作業がしたい人

モバイル型Wi-Fiは持ち運びができるので、移動中や外出先でWi-Fiを使いたい人におすすめです。

外出先でパソコンの作業をしたい人はモバイル型Wi-Fiを利用しましょう。

○据え置き型Wi-Fiがおすすめ:自宅で使う人

据え置き型Wi-Fiに適している人は、自宅以外でWi-Fiを使う用途がない人です。

外出先でのパソコン作業の予定がなく、自宅だけでWi-Fiを使いたい人は据え置き型Wi-Fiを利用しましょう。

○据え置き型Wi-Fiがおすすめ:大人数で利用する人

据え置き型Wi-Fiは最大接続数が多いものがある、内臓アンテナがモバイル型Wi-Fiより強いなどの理由で、家族で使う場合にも適しています。

自分以外の人がWi-Fiを使う場合は、据え置き型Wi-Fiの方がおすすめです。

おすすめできない人

工事不要Wi-Fiは光回線と比較すると通信が安定しないため、通信の安定感を重視する人にはおすすめできません。

頻繁にオンラインゲームしたり、動画を視聴したりする人は、工事不要Wi-Fiは向いていないでしょう。

また、自宅が対応エリア外であると、そもそも契約する意味がなくなってしまうのでおすすめできません。安定した通信でインターネットをする場合は、光回線の導入を検討しましょう。

通信速度を重視する人や、通信制限にかかりたくない人で、光回線の工事が実施できる家であれば工事をするのがおすすめです。

○据え置き型Wi-Fiがおすすめできない:通信速度にこだわりたい人

据え置き型Wi-Fiは通信速度が特別速いわけではありません。そのため快適なインターネットとは少し遠いデメリットがあります。

そのため通信速度にこだわりたい人には、あまりおすすめできません。

○据え置き型Wi-Fiがおすすめできない:外出先でも使いたい人

据え置き型Wi-Fiはあくまでも自宅でWi-Fiを利用する人におすすめです。

外出先でWi-Fiを使いたい人にはおすすめできません。

工事不要で利用できるWi-Fiのよくある質問

工事不要で利用できるWi-Fiについては理解できましたが、いくつか疑問が生まれるかもしれません。

以下では、工事不要Wi-Fiに関して多くの人が考える疑問についてまとめていますので、何か不明点があれば以下を参考にしてみてください。

コンセントに挿すだけで利用できるの?

利用可能です。

本体の端末をコンセントに挿せば、Wi-Fiの電波が飛ぶ仕組みになっています。

必要なのは電力だけであるため、コンセントに挿すだけで利用可能です。

また、ホームルーターは大きな笥体のなかに強力なアンテナが搭載されており、自宅のどこにいても比較的安定した通信でインターネットを楽しめます。

アパートやマンションでも設置できるの?

アパートやマンションでも設置可能です。

光回線などの固定回線を導入する場合は、大家さんや管理会社に許可を得てから工事をしなければなりません。

しかし工事不要のWi-Fiは名前のとおり、住居に穴を開けるなどの工事が必要ないため、たとえ賃貸物件であってもアパートやマンションでも利用可能です。

利用したいWi-Fiがエリア外だった場合はどうすればいいの?

エリアの対象外だった場合には、残念ながら別の回線を利用している工事不要のWi-Fiを検討しなければなりません。

工事不要Wi-Fiの仕組みってどうなっているの?

ルーターと呼ばれる機械を通してインターネットを利用する仕組みになっています。

固定のインターネット回線では、家の外からインターネット回線をひいて、モデムと呼ばれる機器に接続して、ルーターを経由してWi-Fi環境を作っています。

しかし、工事不要のWi-Fiは配線のプロセスをなくしているので、インターネット回線をひく必要もなければモデムも必要ありません。

ルーターが電波を飛ばしているのでWi-Fi環境が構築できます。端的に言えば、ケーブルでつないでいたものがケーブル不要で利用できるようになったものです。

まとめ

工事不要で利用できるWi-Fiについて紹介しました。

モバイル型も据え置き型も利便性が高く、それぞれで違った特徴を持っています。モバイル型Wi-Fiと据え置き型Wi-Fi長所を考えて、自分の用途に合わせて契約を結びましょう。

また、契約前には対応エリアについても確認しておくのがおすすめです。

上述したとおり、対応していないエリアをカバーしているプロバイダーと契約してしまうと、せっかくの快適なインターネットを楽しめなくなってしまいお金が無駄になってしまいます。

地方や遮蔽物、山間部が多い場所で使う場合は十分に注意してください。

メリットとデメリットをしっかりと把握して、状況によっては光回線も視野に入れて、Wi-Fiの利用を検討してみてください。

この記事を書いた人

人気記事

ポケット型Wi-Fiおすすめ15選!料金や容量など条件別に紹介
ポケット型Wi-Fiおすすめ15選!料金や容量など条件別に紹介
工事不要で利用できるWi-Fiおすすめ7選
工事不要で利用できるWi-Fiおすすめ7選!選ぶ際のポイントも紹介
おすすめのホームルーター10社を紹介
おすすめのホームルーター10社を紹介!選び方や注意点も把握しよう

最近の投稿

ポケット型Wi-Fiおすすめ15選!料金や容量など条件別に紹介
ポケット型Wi-Fiおすすめ15選!料金や容量など条件別に紹介
MU-MIMOって何?対応スマホやルーターも併せて紹介!
MU-MIMOって何?対応スマホやルーターも併せて紹介!
工事不要で利用できるWi-Fiおすすめ7選
工事不要で利用できるWi-Fiおすすめ7選!選ぶ際のポイントも紹介
おすすめのホームルーター10社を紹介
おすすめのホームルーター10社を紹介!選び方や注意点も把握しよう

記事一覧

掲載情報のご利用ついて

当サイトはユーザーに最も最適なインターネットを見つけてもらうことを目的としています。日々変化する各社情報をできる限り迅速に正確に反映するように努めておりますが、ホームルーター.comの掲載している情報のご利用に際して、有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等を判断することはご利用者の責任とさせて頂きます。
また、ホームルーター.comが掲載する情報は、各会社の公表している情報を収集したものであり、閲覧時点での料金単価、サービスその他を保証するものではありません。以下に掲げる事項ついて、一切保証しないものとします。
  1. ・ホームルーター.com上で提供されるサービス提供元の情報(本WEBサイト上に表示される、第三者が管理・運営するリンクサイト内に含まれる一切の情報等)に関する、有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等。
  2. ・ご利用者がホームルーター.comにおいて提供される情報を利用して第三者と交渉または予約、もしくは契約の申込または締結等を行う場合における当該交渉、予約、契約の申込みの結果及び締結した契約の内容。
  3. ・ホームルーター.comを通じて入手できる商品、役務、情報等が利用者の希望または期待を満たす適切なものであること。
  4. ・ホームルーター.comの不具合、エラーまたは障害が生じないこと。